もうひとつの世界食料デー World Foodless Day 2009

コメ 楽しく作って、楽しく食べよう!


 10月16日は国連が制定した「世界食料デー(World Food Day)」。世界から飢餓をなくそうと1981年に始まりましたが、いまだに8億を超える人たちが飢えに苦しんでいます。
 食料は足りているのに、なぜ飢える人が増えているのでしょうか。このゆがんだ状況を終わらせようと、私たちは昨年から10月16日を「もうひとつの世界食料デー(World Foodless Day)」と呼んでさまざまな取り組みをはじめました。
 今年のテーマは「コメ」。日本では、コメ価格の低迷にもかかわらずコメ余りが起き、コメづくりをあきらめる農家が増えています。しかし、その一方で、農業に関心をもちコメづくりに挑戦する若者もあらわれるなど、明るい話題もあります。田んぼの生物多様性を取り戻そうと、ツルやコウノトリを呼ぶコメづくりをはじめた農家もいます。また、忘れられた在来種のコメを大切に育てているグループもあります。
 日本を含むアジア各国で行われているコメづくりの状況や、日本各地で楽しいコメづくりに取り組む人たちを紹介します。ぜひご参加ください。おにぎりやコメ粉パンなどを用意してお待ちしています。

と き 2009年10月16日(金)13:00~16:30
ところ 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室

アクセス/地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅下車徒歩7分、またはJR山手線・東急東横線・京王井の頭線「渋谷」駅下車徒歩12分

資料代 500円
●講演/ 「日本のコメづくりの状況」 牧下圭貴さん(提携米研究会)
「アジアの稲作の状況」 田坂興亜さん(PAN JAPAN)
●リレートーク/ 若者による棚田でのコメづくり(種まき大作戦)
水田の生き物調査(コープ自然派徳島)
水田トラスト(新庄水田トラスト)
マイ田んぼ(秀明自然農法ネットワーク)など
主催 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
共催 日本消費者連盟・脱WTO/FTA草の根キャンペーン・日本有機農業研究会・秀明自然農法ネットワーク



戻る