中国のGMイネに関する要請文

投稿者: | 2005年5月9日

 

2005年4月14日

農林水産大臣
島村 宜伸 様

遺伝子組み換え食品いらない!キャンぺーン
代表 天笠啓祐

 

要請文

 

2005年4月13日、中国で開発途上にあって、安全性が未確認の遺伝子組み換え(GM)イネが、市場に流れていたことが判明しました。この未承認GMイネ(Btイネ)を発見し、調査・分析したグリーンピース・インターナショナルによると、過去2年間にわたって栽培・流通していたことがわかり、しかも日本 に輸出されていた可能性もあるとのことです。

このBtイネは、環境への影響や食品としての安全性が未確認であり、すでに日本の消費者が口にしていたとすると、由々しき事態といえます。また、中国では他のGMイネも開発されており、それらもすでに流通している可能性があります。

そこで次のことを要請します。

1、中国からの米輸入をただちに停止すること。

2、すでに中国から日本に入っている米にGMイネが含まれていないか検査を行い、公表すること。

3、中国政府に対して、栽培の実態調査、環境への影響調査、回収を求めること。

4、中国政府に対して、二度とこのような事態が起きないように要請すること。

(連絡先)担当:小野、古賀、名和
〒162-0042東京都新宿区早稲田町75 日研ビル2階
TEL:03(5155)4756/FAX:03(5155)4767