■延期■ゲノム編集作物の規制と表示についての意見交換会(1月26日)

投稿者: | 2021年1月16日

下記意見交換会は事務局の中に新型コロナウイルスの濃厚接触者が出たため、誠に申し訳ありませんが、延期させていただきます。改めて開催の日程はご案内いたします。よろしくお願いいたします。

ゲノム編集作物の規制と表示についての意見交換会

株式会社サナテックシードから申請されたゲノム編集作物「GABA高蓄積トマト」の厚生労働省と農林水産省への届け出が2020年12月11日に受理され、同社はこのトマトを消費者に無償配布するとして受け付けを開始しています。私たちはゲノム編集作物の規制と表示を求めてきましたが、要望は実現しないままに、ゲノム編集作物が現実に流通しようとしているのです。
ゲノム編集作物届け出第一号の「GABA高蓄積トマト」の届け出概要が厚生労働省ホームページに掲載されていますが、その範囲でさえ、遺伝子操作内容の確認や安全性の確認においていくつもの疑問があります。この状態で消費者に配布されることは大きな問題です。
「GABA高蓄積トマト」について届け出内容を確認し、改めてゲノム編集作物の規制と表示を求めて意見交換会を開催します。(コロナ禍を考慮し、ネット中継による意見交換も予定しています)

日時  2021年1月26日(火) 13時30分~15時30分
場所  参議院議員会館 1階 102号会議室
定員  20名(実参加) 80名(ネット参加)
主催  食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、特定非営利活動法人日本消費者連盟

お申し込みはこちらのフォームからお願いします