■オンラインに変更■大豆畑トラスト運動交流会 映画『種とゲノム編集の話』とミニ講演会(2月17日)

投稿者: | 2021年1月21日

大豆畑トラスト運動交流会 映画『種とゲノム編集の話』とミニ講演会

2021年2月17日(水)オンライン
(映画配信12時半~14時半、講演・活動報告14時半~16時)
※コロナウイルス流行の状況により、オンライン開催に変更します。

種苗法が改悪されて遺伝子組み換え作物が国内でも栽培される可能性も高まっている状況で、ゲノム編集技術という、より簡便に、より確実に遺伝子を操作できる新技術が登場しました。ゲノム編集作物はすでに米国で栽培・流通が始まっていますが、日本でもゲノム編集トマトが開発され、メーカーのサナテックシード社は希望する消費者に無償配布をしています。安全性が確認されていない遺伝子操作トマトの配布は人体実験に等しい行為です。私たちは大豆畑トラスト運動を通じて、安全安心な食べ物を追求してきました。日本の農業と食卓の安全安心を脅かす新技術について、映画と講演で知り、考える機会にしてください。

第1部/映画『種とゲノム編集の話』
12時半~14時半に視聴可能。
KO-OK小林大木企画 2021年制作 上映時間45分
制作・配給元の小林大木企画は映画『暴走する生命』、『パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう』などの日本語版を作り上映・配給してきた会社です。
『種とゲノム編集の話』は、日本でもゲノム編集技術を応用した作物や魚などが開発されるようになった状況に対して、分子生物学者の河田昌東さんなどにも取材して、ゲノム編集技術の問題点や市民の取り組みなどを追いかけた最新作の記録映画です。

第2部/ミニ講演会「種苗法改正とゲノム編集ギャバトマト」
14時半~15時半 講師 天笠啓祐

第3部/大豆畑トラストの状況
15時半~16時 全国産地の報告

※例年のような食事の用意はありません。

【視聴方法】映画はネット視聴、講演と報告はZoom
【定 員】 100人
【参加費】 500円/人
【申し込み】
こちらの申込みフォームから、または下記までメール、FAXなどで申し込みください。その際は、「大豆畑トラスト交流会」の旨と①名前②メールアドレス③電話④人数⑤映画視聴の有無、を記入してください。前日までにアドレス等をお送りします。(参加費は下記口座にお振込みください)
(振込先) 郵便振込口座 00100-5-727877 口座名 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
銀行名:ゆうちょ銀行 金融機関コード:9900 店番:019 預金種目:当座 店名:〇一九店(ゼロイチキユウ店) 口座番号:0727877

(問い合わせ、申し込み先) 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
TEL 03-5155-4756 FAX 03-5155-4767
メール office@gmo-iranai.org  「@」を半角にしてお送りください。