オンライン連続学習会

日本消費者連盟食の安全部会・遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン オンライン連続学習会

今だから知ってほしい
遺伝子組み換え・ゲノム編集食品の真実[第2弾]

 2020年末のゲノム編集トマトに続き、2021年にはゲノム編集マダイとゲノム編集トラフグの届け出が受理され、流通が始まりました。他にも、多くのゲノム編集生物が研究開発されています。また、2021年にはフィリピンで遺伝子組み換えコメの栽培が承認され、アルゼンチンで遺伝子組み換え小麦の栽培が承認されてしまいました。ついに主食にまで遺伝子組み換えが入り込む事態となっています。
このように遺伝子操作(ゲノム編集、遺伝子組み換え)食品が次々に登場していますが、その問題点や危険性をメディアはほとんど指摘しません。それどころか、ゲノム編集は正確な技術で新しい品種改良技術であるといった宣伝を繰り返しています。しかし、ゲノム編集にも遺伝子組み換えにもたくさんの問題があり、それは私たちの食生活だけでなく、社会全体に大きく影響します。
この連続講座では、メディアが取り上げない「遺伝子操作食品の真実」について詳しくお話しします。

2022年3月18日(金)午後2時~4時 ゲノム編集の神話と現実 講師・印鑰智哉(OKシードプロジェクト事務局長)

4月15日(金)午後2時~4時 ついに主食にも遺伝子操作の魔の手が ~コメや小麦が危ない 講師・天笠啓祐(ジャーナリスト)、纐纈美千世(日消連事務局長)

5月20日(金)午後2時~4時 培養肉や昆虫食が食卓に ~ゲノム編集とフードテック 講師・天笠啓祐
●参加費:各回500円(日本消費者連盟会員と遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン個人会員は無料)
●参加方法:オンラインのみ
●申込み締切:各回開催日の2日前
●申込み方法:申込みフォーム https://forms.gle/Yvz1khGWSaxBN81G6

主催:日本消費者連盟・食の安全部会
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

お問合せ先 日本消費者連盟(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207)
TEL:03-5155-4765/メール:

Follow me!